上野・御徒町のボディピアッシングスタジオ "EL" のオートクレーブの検査についての詳しい説明

ピアッシングを希望する際はこちらをご覧下さい

オートクレーブの検査についての詳しい説明

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)自体がきちんと機能しているかどうかの検査も行っております。
オートクレーブ内部の高圧蒸気は必ずしも均一に行き届いているわけではありません。チャンバー内部(滅菌器の釜部分)に沢山の滅菌物が詰まってると高圧蒸気を細部まで送る事が困難になります。当店で使用しているプリバキュームタイプのオートクレーブはどのような条件でもほぼ確実に滅菌処理を行えるので心配はありませんが、確実に機能していなければ意味がありません。
その為当店では下記の方法で厳重にチェックしています。

インテグレーター(化学的検査)

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を使用する際は滅菌物と一緒にインテグレーターと呼ばれる試験パックをチャンバー内部(滅菌器の釜部分)に入れています。
インテグレーターを入れることにより滅菌処理に必要な温度とその温度を維持している時間が適正なレベルに達していたかどうかを確認できます。滅菌処置に必要な温度とその温度を維持している時間が適正値まで達していない場合は、インテグレーターの黒いラインは合格ラインを超えません。

滅菌パック内部のインジケーター(化学的検査)

ジュエリーやニードル、ツールなどを封入する滅菌パックの内面には化学的インジケーターが付いています。
滅菌処理前と後では色が変わり、処理後には黒く変色するようになっています。
このインジケーターにより一つ一つのパックが適正温度に達していたことが確認できます。
又、滅菌パック内には化学的インジケーターの試験紙を同封しています。
これにより一つ一つのパックの内部まで適正温度に達していたことが確認できます。
このインジケーターには滅菌した日付を記入し、保管期限の管理を行っています。
滅菌パックは開封する時まで滅菌された状態を保ちますので、お客様をお待たせすることなく安全な対応を可能にしています。

スポアテスト(生物学的検査)

オートクレーブにはスポアテストと呼ばれる生物学的試験方法もあります。
高温に強い人畜無害な胞子を使用し、その胞子がオートクレーブの処理により確実に死滅しているかを確認する検査です。
当店ではその検査を毎月専門機関に依頼し実行し、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)が確実に機能しているかを確認しています。
当店のオートクレーブが正常に動作している証明書として、毎回送られてくるスポアテストの検査結果を店内に表示しています。

EL

EL BODY PIERCING


【営業時間】
12:00~20:00
【定休日】
毎週火曜日


東京都台東区
上野3-9-5
久里ビル 2階


TEL:03.6803.0578